工夫した青汁の飲み方

青汁を飲む時には、牛乳を混ぜるなどの工夫を凝らして飲んでいます。

 

製品に含まれるビタミンは熱してしまうと失われやすいので、粉末状の製品を摂取する場合、基本的にはビタミンを存分に摂取する為に水か牛乳を入れて飲みます。

 

最近話題になっている様々な果物が入っている製品は、牛乳を入れても味が合わない事を考慮して、ミネラルが含まれているミネラルウォーターを一緒に入れて飲む事が多いです。

 

販売されている青汁は時間の経過と共に品質が下がる事を考慮して、出来るだけ早めに飲む事を意識しています。

 

良質な製品ほど体に良いビタミンやミネラルを多く摂取する事に繋がって、健康を増進しやすいです。

 

賞味期限などに注意しながら私は購入した青汁は出来るだけ1日に3回程度飲む事を意識して、健康の増進に努めています。

 

冬場は水で飲むと体が冷える事を考慮して、30度から40度程度のぬるま湯を混ぜて体が温まる事を前提とした飲む方を工夫しています。

 

冬場は水道から冷たい水が出やすいので、沸騰させない程度に温めてから粉末状の製品と混ぜて飲んでいます。

 

ぬるま湯の温度の程度ではビタミンが壊されにくいので、冬場には温かめの青汁を飲んでしっかりと栄養素を取り込みながら健康的になっています。

青汁で健康習慣を始める方法

 

青汁と言うと、まずい、苦い、飲みにくいという印象を持つ人が少なくないですが、最近の青汁は研究の成果もあり、味も本当に美味しくなっています。

 

現代人の生活スタイル自体が野菜不足と言う事もあり、青汁に興味関心を持つ人も増えており、青汁の消費量も年々増加しています。

 

具体的にどのような青汁の飲み方が良いのかと言うと、飲む時間帯や飲む方法など、個人差があります。

 

一番簡単な方法としては、青汁の粉末を水で溶かして飲むことです。

 

青汁の味自体が苦手であれば、水で溶かすのではなく、牛乳や豆乳で溶かして飲む方法もあります。

 

多くのメーカーが青汁の商品を販売していますが、最近は味が美味しい青汁も増えてきており、牛乳で溶かすと抹茶のような味もするものが多くあります。

 

子どもにとっても飲みやすく、大人ももちろんですが毎日継続して飲みやすいというのが大きなメリットです。

 

青汁を飲むメリットはたくさんありますが、特に便秘で悩んでいる人にとってもおすすめです。

 

薬で便を出す方法とは異なり、腹痛が起こりにくく、さらに継続して飲むことで習慣化して慢性的な便秘の改善にも効果が期待できます。

 

一日いっぱい飲むだけの方法だけなので簡単なので、自分に合った飲み方の研究をするといいです。