大山學長のホッとブレイク

東京工科大學 HOME> 大山學長のホッとブレイク> 學長メッセージ第5回「これからの教育の形①――オンラインを活用した授業について」

學長メッセージ第5回「これからの教育の形①――オンラインを活用した授業について」

2020年10月20日掲出

  皆さん、こんにちは。學長の大山です。今日は遠隔授業について話したいと思います。
  現在、本學は新型コロナウイルス感染癥拡大防止のために、遠隔授業と、感染防止に努めながら対面で行う実験?実習を組み合わせる形で授業を進めています。そこにも工夫を施して、例えば午前の授業は家からオンラインでアクセス、午後の実習は大學に來て、教室を分けて人數をできるだけ少なくしながら行ったり、遠方から通ってくる學生には、大學內に人と間隔をとって座れる部屋を用意し、午前のオンライン授業はそこで受けてもらい、午後の実習に參加してもらったりといういくつかのケースを用意しています。
  このように家またはキャンパス內の教室で受ける遠隔授業と、人との距離を保ちながら機材を使ったりディスカッションをしたりしながら進める実験?実習とを混合で始めているのが今期の後期授業です。とはいえ、明確に申し上げておきたいのは、この形はあくまでもひとつの回避策であるということです。大學は、學生の皆さんが知識?技術を身に付けるとともに、人と人とがコミュニケーションを取り、友情をはぐくみながらともに學ぶ場であると考えています。東京工科大學は、學生さんの健康や安全に十分に配慮しながら、変化に柔軟に対応し社會で活躍できる人材を育てる場としてキャンパスを用意しています。

  では、どうして大學は全面的に対面授業を始めないのか。そういうご意見も多々いただいていますが、やはり、大學生は小中高校生と異なり、行動範囲が広いうえ、社會に関わる機會が多く、その分、與える影響も多いからです。率直に言えば、今、學內である程度、安全を確保して授業ができたとしても、學生同士が集まると大勢でおしゃべりをしたり、騒いだりすることもあるでしょう。それ自體は學生の皆さんの成長にとってとても大切なことですが、もし今、大學が普通に始まれば、多くの人は元の生活に戻ったという感覚になり、大勢で集まることに感染リスクがあるという認識が薄れていく恐れもあります。
  大學は社會に対して責任ある選択と行動をしなければなりません。こういう時代ですから、感染防止を伴う社會生活に慣れながら、段階的に対面授業の形に戻していくなど、良い道を探っていく必要があるのです。そのためには、ある程度の“助走期間”が必要であり、今がその時期だと思っています。   しばらくはこうした形をとって、より適切な環境を整備しつつ、社會の狀況を見ながら新しい學びのスタイルをつくっていきたいと考えています。