お知らせ

Information

東京工科大學 HOME> お知らせ> 2021年のお知らせ >2021年度前期授業実施方針について

2021年度前期授業実施方針について

2021年3月8日掲出

入學予定者の皆様
在學生の皆様
保護者の皆様
東京工科大學
學長 大山 恭弘
2021年度前期授業実施方針について

 本學は、「學生の成長と安心?安全を第一に考え、教育研究活動を止めない」ことを方針として、2020年度後期は、実験?実習科目を中心に対面授業を行うとともに、定期試験も無事に実施することができました。皆様のご協力に感謝申し上げます。
 本學の基本理念である「実學主義教育」を実現するには、學生同志が學び合い、友情を育み、教養や専門の學理と技術を教授することが大切なことと考え、2021年度前期の授業については、通常通り対面での授業を実施します。ただし、履修人數が多くなることが予想されている一部科目については遠隔授業で実施します。大半の授業は対面授業となりますので、在學生の皆様、入學予定者の皆様におかれましては、大學に登校できる準備を進めていただきますようお願いします。また、遠隔授業の受講、メールや講義サポートシステム(Moodle)を介しての課題提出等でご自宅にネットワーク環境が必要となる場面が多くありますので、特に入學予定者の皆様におかれましては、ネットワーク環境の整備もあわせてお願いします。
 新型コロナウイルス感染癥の収束は見えない中、2020年度後期に対面授業や定期試験を実施してきたノウハウを活かし、引き続き感染癥対策を徹底の上、授業を実施してまいりますので、皆様におかれましてはご理解のほど、よろしくお願いします。